20090129

鳩マン1月

鳩山マンスリーに今回ceroの高城くんが参加しました。
とにかく良い夜でしたよ。
観てない方はほんと残念でした。と、ここで書くくらい良かったです。



高城くんのソロ、改めてなんとこう、持ってかれるんだろうかと。あっと言う間に終わってしまって、もっと観たいなと、もっとたかぎワールドでゆっくりしたり豪雨に呑まれたりしたい気持ちになります。
水滴が落ちるような泡が弾けるような音がする(スプリング。だよね)エフェクトの高城くんのギターはさぁ、粒子がこっちまで漂ってくるようで、ほんとに空間が変わります。
カヴァーはさかなとテニスコーツ。ceroでやってる曲はあんまりひとりではやらない高城くんですがoutdoorsをやって、ベース音を使ってやって、かなりよかった。それからバックベアードの曲やったり・・・とか、んー
よかった。またみたいなあ



鳩山さんは今回(私は初めてみました)エレキを、私は詳しくわからないんですが小さいギターも使って演奏しました。
定番になりつつあるカヴァーの「有楽町で逢いましょう」、すごく良くなったような気がしました。歌が良くなったと思う。とか言って偉そうですけど


今回はふたりで二曲、
「くらげ」を高城くんもギターを使って、
それから「こけし」をこけしソロで(こけしの首を鳴らす)
鳩山さんのいつもの演奏に高城くんが入る、というかたちでしたが
その新鮮さ、こけしの初参加(ついにこけしが演奏に参加)、そして高城くんのコーラスがとてもよかった。
鳩山さんは高城くんを気遣いつつだったので、あれをもう二回くらいやったらもの凄く良いものが、普通にクオリティの高いものが出来てしまうと思いました。
ただそのときの鳩山さんが、嬉しそうだったのがとても印象的で、良かったなあ。
鳩山さんを嬉しそうにしたのは高城くんで、彼のふところはいりこみ能力の高さ、
きっと彼が音楽で出来る事はただいい音楽をつくることだけじゃないんだと思って、
アイツも魔法使いだなと、365で魔法をみた想いでした。



そんな感じで
また弦切り打率が変動をみせましたが
最後の「鳩山トレイン」で鳩山さんは365のドアを出、階段を降り(うすく汽笛がきこえる)、甲州街道までギターを鳴らしながら、出て行ってしまったのです。
どこまで行ったのやら。
そしてまたうすく汽笛がきこえ、それが徐々に大きくなり、鳩山さんは戻ってきました。
今までに無いことがいくつか起こった鳩山マンスリーでした。


鳩山さんは毎月の鳩山マンスリーに加え、自主企画をたちあげるそうです。詳細
きっと色々理想や野望があるんだと思う。



前略エミさま。
すごく良い鳩マンでした。
今までみたなかで、一番良かったかもしれないです。
しょうちゃんと、エミちゃんにみせたかったねって、言ってたんです。
だってそうだよねぇ。
ねー

2 件のコメント:

emi さんのコメント...

わー まちがいないですね!
しょうちゃんもホームみたいなかんじだったのかね。
みんな うれしいライブ ってのはいいですね。
第二回もやってほしいなぁー!

吉田さん企画もとてもきになりました。
いたらぜったいいってたのに!

PS
こっちでもコアラに似てる、といわれましたよ。

こっちゃん さんのコメント...

しょうちゃんは幡ヶ谷の街をいたく気にいっておりました。
そう!みんなうれしかったよあれは。
きっとまた一緒にやるんじゃないかと、積極的にその機会をつくってほしいね。

吉田さん企画はきっとこれからスゴイよ!
戻ったら是非行きましょう!
コアラ間違いなかったか。